茶事

d0109807_19405708.jpg

[PR]
# by sousei-matsuura | 2018-02-20 19:41 | Comments(0)

誕生会

d0109807_19395355.jpg

[PR]
# by sousei-matsuura | 2018-02-20 19:40 | Comments(0)

d0109807_19390106.jpg




[PR]
# by sousei-matsuura | 2018-02-20 19:39 | Comments(0)

準教授 茶名 昇格の記念行事として 真の茶事を致しました。

書いても書いても飛んでしまうのでこのまま一旦送信してみます。はい。入ってくれました。
さっきから何時間かかった事でしょうか。でも今夜は元気ですからもう少し頑張りましょう。
この茶事のメンバーです。終わりの記念撮影です。
写真の送信の仕方が悪くて順が違ったのですね。
d0109807_18480480.jpg


今日のメンバーをご紹介いたします。
会場 星霜軒の提供者 且つ亭主役 且つ懐石料理担当 は吉森宗浩氏 
半東 且つ 座配進行係りは宗光氏 先達伝授者としては不肖松浦宗靖 そして今日の
主役の授伝者は 準教授拝領の増岡宗江氏 茶名拝領の中村宗晶氏 そして今日の伝達を
見届ける為に立ち会って下さる有資格者の後見人 斎藤宗代氏と坪内宗佳氏です。
d0109807_18480480.jpg

続きはゆっくりお楽しみに。わたしは若い社中の皆様に支えられて何となく元気に生きて
おります。しゃしんは歳が出るので年賀状は宗浩氏のイラストにしたのにこんな大きな
写真になって あーあ いやーね。諦めが肝心肝心。オリンピックのお陰様で生活の能率が
上がりません。人間って素晴らしいですね。もしも来世が在ったなら、早くから目覚めて
何になろうかなって思いませんか。今は今で有難くいきていますが。


d0109807_18490114.jpg

[PR]
# by sousei-matsuura | 2018-01-26 18:49 | 茶道 | Comments(0)

明けましておめでとう御座います。今年も色々よろしくお願いいたします。

暮れの28日の真夜中 息子の車に乗せてもらって恒例の御代田往きとなりました。
4時ごろ到着 零下何度だよと言われて何度だったか聞き逃したが 寒い 寒い。
そおいえば 以前は真っ先に私が鍵を開けに裏口に走っていたのに 近頃は お嫁さんの仕事に
なって明かりがともり玄関が開くと手ぶらでゆるゆると行くようになった。何時からだろうな。
そんなに昔ではない様なきがする。夏は草の中を 冬は落葉を踏みしめて暗い中を登り
加減に歩いていくと ああっ御代田に来たなと思う。 御代田は独特の匂いがする。

落葉の匂い 草いきれの匂い 空気の匂い 風の匂い  匂いと言うよりは 空気の肌触り
と言った感触だ。懐かしい故里の匂いを感じる。 御代田の土地を見に来たのは昭和37年の
5月でなだらかな草原につつじの花が咲いていました。その夏には15坪の小さな小屋が
建って主人や義妹や義弟が蛾を捕るために200Wの電球を幾つも点けて虫寄せをしていました。

今思えば懐かしくもありますが この変わった一家に突然入ってしまった私はもう生きた心地も
しませんでした。
此処から思いを巡らせていては 凍えて仕舞いますから走り込んで すべてのストーブに点火。
炬燵が未だ出来て居ませんから ホットカーペットを点け やおら炬燵布団を取り出して
点け 皆走り回って温めに奔走です。息子は車の大荷物を窓からどかどか入れています。

一段落したら水の栓を開けますがこれが大仕事で 皆で中の蛇口を締める 外の栓を開ける
内外夫々何か所もあるから 忙しい。中一の快翔は随分と覚えて役に立つ。力のない
私は段々邪魔にされる。 が皆で一斉にバタバタと動き廻るのもなかなかいいものだ。

何はともあれ湯を沸かし炬燵に入って一休みするころはまだまだ暗くとも朝の気配。
このパターンは若者の体力が物を言う生き方。私も結構夜型だがレベルが違う。

何時の間にか皆炬燵にごろねの醍醐味に浸ってしまう。それは疲れますよね。
私は炬燵で寝るとダメで専用の私の巣とも言うべき寝床を広げて電気毛布に包まって
寝てしまう。いい加減陽が高くなって年末の29日が始まる。
事ほど左様に恒例御代田の年末が始まる。庭一面に積りに積もった落葉との闘いが始まった
息子を見ていても初日は手も出ない。二日目からは私も黙々と始めてしまう。
根がすきなんですね。家の中の事は嫁さん任せで立ち枯れの芒ど格闘するが切りも際限も
無くて二時間経ったら息子がいい加減にしときなさいよ、と呼びに来る。腰は最初から
痛いので草刈のせいでは無いが能率が上がらないのは情けない。気持ちはあるのになー。

夕方吉森氏に頼んでいた年賀状がとどいた。さあ大変。250枚宛名書きだ。あんまり遅く
恃んで早く早くと急かしてまったく迷惑な客だと娘に怒られながらやつと届いたのが30日。
それから何にもしないで上げ膳据え膳で年賀状作り。31日に早く出しに行ってよと言っても
息子はマイペース。ついに嫁さんが子供を公園の凧揚げに送り方々車を出さざるをえなくなって
解決。全く迷惑な婆さんだ。我儘婆さんにも困るが何だかいい気分だ。あっ誰か見えたのでつづきはまたね。
[PR]
# by sousei-matsuura | 2018-01-08 00:01 | わたし | Comments(0)

年の瀬のご挨拶

とうとう27日も暮れようとしています。今日も西高東低の真冬日で東京はカラカラ天気です。風が正に空っ風、寒いのなんのって
ちょっと前の薬局へ行こうと部屋着のまんま飛び出してひやーと悲鳴を上げました。南向きの部屋は暖かで油断してしまいます。

この頃ブログの更新が進みません。ちょっと忙しすぎて机に向かうと眠くなって仕舞いますから。。。処が句会などで思い掛けない方から この頃更新なさらないのですか、と聞かれたり 主人の教え子と言ってももう立派な後期高齢者になられた方から
お電話を頂いて心配そうに如何していらっしゃるのかと思いました。などとおっしゃって頂くと有難くも申し訳なく成りまして
眼をしょぼしょぼさせながらPCに向かう次第です。メガネの上からかける拡大鏡も買いました。

今年も夏場に暑さに負けてどうなる事かと思いましたが秋口から少し元気を取り戻して やっとですが予定をこなして
生きています。メンテナンスは元気でないとできないものですね。駄目なときはかーぶすに行っても脚が攣って駄目ですし、
お医者様に行くのも元気が必要です。
マンションの真ん前 道を渡ったところに よつば整骨院が開業しています。あんまり苦しかったので 飛び込みました。
息が苦しいんです、首が回らない感じです。  借金も無いのに首が回らないなんて。。。と言ったら借金で回らないのは
此処では治せませんが。。。と笑いながら見て呉れました。 
兎に角保険が効いても私には高いので考えて仕舞いますが娘は兎に角体第一でしょうと言います。
六月の末から半年たちました。最初は週三回もう楽になりたくて通いましたが段々元気が出てきて今は週二回 
背中の丸くなるのを第一に予防 予防では無くて治しでした。脚も腰も首も はい全身あちゃこちゃ日替わりで痛むのが
随分元気に成りました。貧乏と引き換えに元気を手に入れています。かーぶすだプロテインだ筋肉だとでもですよ
何処から見ても老婆は老婆 よちよち ゆらゆら上機嫌で何処へでも行って 俳句だお茶だと優しい人々に混ぜてもらって
生きています。

冬至の穴八幡宮の御札買いに二時間並びました。その晩は社中の忘年会 支度は皆してくれます。次の日は風の道の納め句座で
忘年会 その次は御代田句会の納め句座で忘年会 血糖値を気にしながら美味しさに負けました。何にもならないですね。

こうして今日は中学一年の快翔を呼んで硝子窓と風呂場の磨きをしてもらいました。やだわー、彼は夕方から熱を出しました。
この頃の若者はー何て言えません。まったくひ弱なんだからーと寝かし薬だ暖かいご飯だーと大慌て。
兎に角今の子供は塾だ何だかんだで疲れて居るのだ。

28日から御代田です。大丈夫かなー。

ああ皆々様今年も御世話に成りっぱなしでご恩返しもままなりませんでした。
只感謝申し上げます。有難う御座いました。来年も色々な計画が有ります。きっとよろよろしながら懸命に
着いてまいりますのでよろしくご指導の程お願い申しあげます。

[PR]
# by sousei-matsuura | 2017-12-27 20:37 | わたし | Comments(0)

私の今年

今年も後十日余りと成りました。えっ しなければならない事 沢山あります。しなくても良いかなーと思う事を増やして
気を許すと全部したくありません。ダメダメ、心が休まりません。結局は大晦日まで頑張る事になるのでしょう。
12月13日は主人の祥月命日です。25年祭です。考えてみれば25年前の私は随分若かったわけで今は何だかよれよれして
居るのも仕方がないかとあきらめます。さて法事はどうするかと迷ううちに過ぎてしまい5年祭 10年祭 15年祭 
20年祭 と重ねて来ましたが 次は30年ですよと言う声もあり、お墓参りのみとなりました。 30年目には私は87歳ですから
生きて居るかなーと思うけどそこは運に任せてけせらせらとなりますかね。
さて東京は晴天続きで空気はからからに乾き空っ風が吹き荒れて寒さも一入の日と小春日和の暑い位の日が交互にやってきます。

12日 13日は稽古日で 14日が千駄ヶ谷句会で 15日は皆忙しいししかも「吉森家の父上の祥月命日」でした。
16日の土曜日は息子一家が行かれると決まりお墓詣りとしました。
本来この日は風の道句会の年末合同吟行会で鎌倉文学館 重ねて若葉俳句かいの九九会 でも主人に合わせてお墓参りにしました。
神徒ですから毎月朔日15日には御榊を上げに行くきまりです。朔日だけはほぼ欠かさす参りますます。
此処の処自分が転ばぬように歩くのがやっとてバケツに水を入れて運ぶことが困難になり、小さなバケツを買って置いたのですが
何故かなくなります。

さて新たにバケツ 束子 ブラシ スポンジ 雑巾 等持ち込んで 小春日の楽しいお墓磨きをしました。前日ひかりが花入れ
を洗い鋏を持っていたので頑固な草の退治をして於いてくれたしの事でしたので 磨く事に専念出来ました。大きなバケツに
何杯もみずを組んで 何と言っても 若夫婦 中学生男子の力は頼もしい お墓の土台から前の敷石までごしごしざあざあ
初めてあらったのではないでしょうかね。長い間心に掛かっていた汚れが解決していい気持ちです。

一人ずつおまいりをして お父さんがきっと喜んでくれているね、と一番喜んだのは私ですが とても充実したひと時でした。

帰りにお昼を食べて上野毛にきて 台所周辺のやり掛けの磨きをしてくれました。気ばかりあせってちっとも捗らなかった
部分がぴかぴかしました。まだ道具が足りない処は後日。有難う 有難うと一日いい日でした。

[PR]
# by sousei-matsuura | 2017-12-18 09:52 | わたし | Comments(0)

d0109807_20495339.jpg

[PR]
# by sousei-matsuura | 2017-10-10 20:50 | Comments(0)

皆様からの贈り物

d0109807_20464089.jpg
d0109807_20480181.jpg




西行の小さな色紙 勿論コピーですが 私はこれが好きで秋には必ず掛けて眺めます
よをうらみて かつらのいえに こもりいてはべりしころ
  くがつじゅうさんや おのこども うたよみし ついでに

ながめする こころのやみも はるばかり かつらのさとに すめるつきかな

眺めると長雨 心の闇も 張ると晴れる  桂の里に 澄める月かな

西行さんはご自分の性格にご苦労なさいましたのね。 御歌も素敵ですが 
身内にこんな男の子が居たら面倒臭いでしょうね。あはは 
西行さんを悪く言う人はいなかったのでしょうかね・
[PR]
# by sousei-matsuura | 2017-10-10 20:49 | 茶道 | Comments(0)

名月

稽古場の窓の正面に見事な月が掛かりました。今宵は中秋の名月の日、九月には雨続きでしたのでうれしく月見です。
記事を一行書き終わると直ぐに飛んでしまいますので一行ごとに送信してしまいます。
そこで手間暇がかかり中々進みません。十月から風炉の名残の時、中置と言って少し火の気が動き畳の真ん中に移ります。道具の入れ替えやお茶お菓子の買い付けを社中の増岡さんに協力してもらいます。棚を出したり茶碗を季節の物に入れ替え水指を探し出すのが大変、狭いところに押し込めて在る道具を季節ごとに入れ替える作業は年齢と共に出来なくなって段々若い力の助けをもらうようになりました。
解らない物は夕方から参ります吉森夫婦に探してもらいます。来る人毎に何かと手を借りて段々整っていきました。朝からはお隣さんから
お花を頂きます。お隣は南側に広いベランダが有ってお花大好きな奥さんが一年中草花を絶やしません。厚かましいのですがお花在りますか
等と言って頂きます。今日は不如帰 浜菊 水引 等々沢山を頂きました。色鮮やかな真っ赤な水引草 気品のある浜菊の白 葉の先まで整った不如帰、お月様の為にも嬉しい花ぞろえが出来ました。部屋に花があると途端に気分が華やぎます。この心の嬉しさ楽しさは何とも
言えない幸せとなります。其のうえ午後には社中の皆さまから誕生日のお祝いとカタログで頂いていた草花の寄せ植えの籠が届きました。
銀座の野の花の店 司 からです。夜吉森さんに花の名前を書きだして貰いました。岩沙参(いわしゃじん)青軸霜柱(あおじくしもばしら)箱根菊(はこねぎく)濃色藤袴(こいろふじばかま)細羽姫虎尾(ほそばひめとらのお)そして実生の七竈(ななかまど)これは二寸位の木ですが既に紅葉しています。さて上手に育てられるでしょうか。
d0109807_21432232.jpg

[PR]
# by sousei-matsuura | 2017-10-03 21:43 | わたし | Comments(0)


娘もすなるブログというものを母もしてみんとてしてみむ


by sousei-matsuura

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
俳句
茶道
家族
わたし
御代田 ,yjzto
ホームページとは
操作方法のメモ

検索

フォロー中のブログ

松浦ひかり
我輩の猫である
古賀福代の陶工房

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月

最新のコメント

済みません。なんですかす..
by sousei-matsuura at 22:54
恐ろしくてまだまだ・・で..
by sousei-matsuura at 00:35
げ~~!何が出たのかしら..
by nishiyan5 at 23:59
それで飛行機が遅れてたの..
by nishiyan5 at 23:57
本当に本当にお世話になり..
by sousei-matsuura at 23:43
先生、ありがとうございま..
by fujiemon at 12:38
すっかりご返事が遅くなり..
by sousei-matsuura at 23:46
こちらこそ 久しぶりに駒..
by sousei-matsuura at 23:36
お世話になりました(^。..
by nishiyan5 at 08:33
よくは解りませんが記事そ..
by sousei-matsuura at 02:11

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧